冬の電気代

先日、お伺いさせて頂いたお客様に、夏と冬どちらが電気代がかかるの?とのご質問を頂きましたので、今回は簡単にご説明をさせて頂きます。

 

エアコンは室内温度を設定温度までにするまでが一番電気代がかかります。

地域により季節ごとの気温も異なりますが、例えば、室内の設定温度を夏・冬ともに25℃と設定したとしましょう。

 

夏、設定温度(25℃)まで室内気温を下げる場合

室温を30℃~35℃とすると、エアコンは5℃~10℃室温を下げなくてはならない。

冬、設定温度(25℃)まで室内気温を上げる場合

室温を5℃~10℃とすると、エアコンは15℃~20℃室温を上げなくてはならない。

 

例えば夏の室内気温が40℃まで上がった場合も、設定温度まで下げなくてはならないのは15℃です。しかし冬の気温が寒い地域では、室内気温が0度以下になる地域もありますので、そうした場合は設定温度まで25℃以上上げなくてはなりません。

このような理由で、室内気温と設定温度の差が大きい冬場のほうが電気代が高くなる傾向があります。

一概には言えませんが、冬のエアコンの使い方次第で年間の電気代にも差が出てくるかも・・・

節電に対する方法は、他にも色々ございますので、気になる方は是非当社までご連絡ください。