Posted – 2017/12/29
under その他, 投稿者(臺), 未分類
 
– go to post

今年もあと数日となりました。

北日本や日本海側に大量の雪を降らせておりました低気圧ですが、とりあえず峠を越したようですね。

ただ、年末年始にかけ、再びおりてくる予想が出ているようです。

雪には、気をつけましょう!!

 

今年の12月は、12年ぶりの大雪になったそうです。

例年、雪不足だったスキー場も早めのオープンが出来たようです。ただ、スキー場までのアクセスが大変だったようですね。

 

この爆弾低気圧と一緒によく耳にした言葉として、「冬将軍」でしたね。

「冬将軍」とは、厳しい冬の様子を 擬人化した表現です。

1812年にナポレオンの大軍を殲滅に追い込んだヨーロッパロシアの厳しい冬の寒さのことだ。ナポレオンが負けたのは、ロシア軍ではなくヨーロッパロシアの寒さであると、おそらく揶揄を込めて記事にしたのが「冬将軍」の由来と言われています。

 

みなさま、良いお年をお迎え下さい良いお年をお迎え下さい。


 
– go to post

東京都及び当センターでは、業界団体の協力のもと、個々の業種の特徴に適した省エネルギー対策テキストの作成を行っています。

社内の省エネ対策推進にぜひご活用ください。

下記のURLから見る事が出来ます。

参考になりますので、一度見て下さい。

https://www.tokyo-co2down.jp/company/seminar/type/text/index.html


 
– go to post

今年も残すところ半月となり、日々寒い日が続いております。

風邪などひかないよう気をつけて下さい。

さて、今年の関東の冬は、雪が多そうです。

なぜなら、「黒潮の大蛇行」が発生している為です。

「黒潮の大蛇行」とは、日本南岸を東進する黒潮が,紀伊半島沖から沿岸を離れ,大きく迂回し,大蛇行する現象をいう。黒潮が蛇行するときは必ず紀伊半島沖あるいは遠州灘沖に大冷水塊を伴う。冷水塊域上に高気圧が停滞し,低気圧の経路が北にそれるという気象への影響も指摘されている。発生機構についてはまだ究明されていないが,伊豆海嶺などの日本南岸の海底地形の影響と,北太平洋規模の気象変動が大きく関与している可能性が強い。(出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 )

気象予報士の「饒村曜」さんは、yahooニュースで度々アップされておりますが、12/11付けニュース内で「関東地方の雪」として

関東地方のまとまった雪は、本州の南岸を通る、いわゆる南岸低気圧によって降りますが、冷水塊があると南岸低気圧の進路が少し南を通るようになるという調査があります。つまり、暖気があまり北上しないことから、「大蛇行の年」は雪日数が増えるということになります。

饒村曜さんのニュースはこちらから、https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/

また、今年は「ラニーニャ現象」と共に発生しているので、過去の実績から雪に注意と言っています。

 

「ダイキン」のホームページでは、『大雪の困りごとと解決法』を掲載しておりますので、一度お読み下さい。http://www.daikin.co.jp/air/knowledge/labo/yuki/

もし、「効きが悪いな」「ちょっと心配だな」「もう古くなってきたな」等気になる事があれば、一度当社へご相談下さい。

 


 
– go to post

いよいよ、梅雨も明けました!!
梅雨明け前から、ずっと暑い日が連日続いてましたね。

今年は、例年以上に修理依頼が多くなっているようです。
弊社メンテナンススタッフも連日稼働が続いています。

毎日、暑い中の作業、頭が下がります。

IMG_8982

 

 

 

 

 

 

そんな中、東京のスタッフは、このような作業着を着用して、作業をしております。

IMG_8983

 

 

 

 

 

 

 

これは、作業着にファンが付いているのです。

スタッフ曰く、「すごく涼しい。今までは、酷暑の中での作業で、偶に頭がボーっとする事があったが、この作業着を着用してからは、ボーっとする事は無くなった。」

 

まだまだ続く酷暑の中での作業、体調には十分注意して、頑張って頂きたいです。

 


 
– go to post

エアコンとは、直接関係はありませんが・・・。

6月11日(日)に秩父宮ラグビー場にて「フレンドシップマッチ」が開催されました。
対戦チームは、『サントリー サンゴリアンズ(日本) VS NSW ワラターズ(豪州)』

chichibunomiya_minato-808x1024 DBg1N6YVwAAnThL

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、来日したNSWワラターズのメインスポンサーは、なんと『DAIKIN』なのです。

 

20170611_1967726DCGg7ZfVoAAxs_Y

 

 

 

 

 

 

 

結果は、19:21でワラターズの勝利となりました。

非常に面白いゲームが展開されました。

機会がありましたら、J Sportsで再放送等やると思いますので、見て下さい。

 

このワラターズはスーパーラグビーのチームで、日本にも何度か来日しています。

やはり、スーパーラグビーでは、日本のサンウルブスを応援していますが、ダイキンさんがメインスポンサーのワラターズも注目をしてしまいますね。

 

スポーツ観戦は、外がいいんですが、これからの季節は、エアコンの効いたSPORTS BARで冷えたビールを飲みながらが理想ですね‼︎

経営者の皆様、夏本番までに、エアコンは整備して下さい‼︎

 


 
– go to post

気象庁で、四国・中国・近畿・東海・関東甲信にて『梅雨入り』を発表致しました。

北陸・東北は、6月12日〜14日を予想しているようです。

 

一方、梅雨明けは、7月18日〜21日頃と予想しているようです。

 

皆様もそうだと思いますが、『梅雨』はあまりいい気分ではないですね。

雨により、工事が出来無くなることもありますし‥‥。

 

少し前のブログにも、ドライ運転の事が書いてあったと思いますが、上手く運転して、快適空間を作って下さい。

 

今日は、臭いについて、少し書かせてもらいます。

冷房運転では、室内機内部に水分が発生しております、この水分が半乾きの状態で送風されると「臭いがする」と感じられる事があります。

もし、エアコンをお使いの皆様の中で、「冷房運転すると臭いがする」とおっしゃる方、設定温度を確認してみて下さい。

エアコンは、設定温度に達すると最も低い能力で動き続けようとします。このような状況の時は、室外機は動きを止めます。が、室内機は送風運転状態となり、臭いが発生する状況になります。

設定温度を24度くらいに設定して、動かしてみて下さい。多分解消すると思います。

また、ドライ運転で動かしてみる。

ドライ運転では、室温が下がり、室外機が止まると、室内機も止まりますので、臭いはしないと思います。

 

お試し下さい。

 

 


 
– go to post

弊社では、東京女子医科大学様及び同大学同窓会組織の一般社団法人至誠会様とお取り引きさせて頂いており、大学病院様・至誠会第2病院様の空調工事・メンテナンスを承っております。

今回、至誠会様にて発行しております、会報誌『女醫界』へ広告を掲載させて頂きました。

女医会表紙-001女医会広告(1)-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京女子医科大学の関係者の方、だけでなく医療関係の方からのお問い合わせをお待ちしております。

 


 
– go to post

只今、夏前の空調機の更新に向け、飲食チェーン店様の空調機の現地調査を行っております。

その中で、R22という冷媒ガスを使用している機器がまだまだ稼働しておりました。

IMG_7540

IMG_7565

IMG_7686

 

 

 

 

 

 

 

R22は、2020年には生産が完全に終了致します。(現在も生産量は大幅に削減されております。)

jraia_R22supply-stop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R22は、2000年まで使用されており、以降新冷媒と言われるR407、R410へと変遷されています。

2000年ということは、17年前になります。(たまに20年以上前の機器も見ることもありますが・・・)

これだけ古くなると、故障した場合に修理部材が終了している可能性が非常に高いです。運良く、部材があったとしても、次に故障した場合には、部材が無い状況になる可能性が非常に高いです。

この機会に、お使いの空調機がR22仕様かどうか、一度調べて見て下さい。

今なら、様々なご相談にのり、更新のお手伝いが出来ますよ。


 
– go to post

1月23日〜25日にかけて、宮城県仙台市のロイヤルホスト仙台国見ヶ丘店様のエアコンの更新工事を行ってまいりました。
仙台は、東北とは言いながら、雪の降雪は東京と余り変わりません。
のはずが、・・・・なんと雪でした。
特に室外機の作業日が期間中一番ひどい降り方をしていた日です。

撤去後の室外機

撤去後の室外機(駐車場に置いています。)

雪が降り続いています。

 

 

 

 

 

撤去の置き場(屋根です。)

 

 

 

 

 

 

IMG_4101

設置後の新しい室外機

設置完了近くになって、雪は小降りに。

 

 

 

 

 

今回の工事は、施工の為に名古屋本社の工事班と名古屋の協力業者様に応援を頂きました。

有難うございました。


 
– go to post

先日、お客様のビルトイン型エアコンのエアコンガス漏れの修理をさせて頂いたのですが、同じお店の別系統のビルトイン型エアコンで、再びエアコンガス漏れの可能性が発生。

メンテナンスチームと確認に行ったところ、やはりエアコンガス漏れでした。

漏れ箇所も同じ、室内機の熱交換器。

このビルトインの熱交換器を確認する作業が、大変でして、室内機にあるファンを外さないと見えないんです。

 

IMG_3134

 

 

 

 

 

これがファンです。これが結構重いんです。

 

IMG_3141

 

 

 

 

 

こうやって、ファンを外さないと熱交換器が見えないんです。

 

IMG_3809

 

 

 

 

 

漏れを確認‼︎

 

こうやって、故障箇所の特定をしっかりやってくれる、メンテナンスチームがいるので、お客様への導入提案が出来る訳です。

メンテナンスチームに感謝です。